<< insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 30 | main | insouホールディングスから考える「飲食」の表現について (終) >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 31

    0
      皆さま、どうも、こんにちは(^^)普段からこのブログの管理人をしている自分は日々あたり前のように関わっている「飲食」の価値について改めて向きあってみる目的があり、気になる情報をリサーチしてそこから個人的に考えた内容をコツコツと記事にまとめつつ更新をしています。特に「insouホールディングス株式会社」という企業のオリジナリティあふれる事業を参考にしていまして、ここでメインに扱われている飲料のひとつ、ミネラルウォーター「涼音」がつくられるまでのプロセス―――新潟県南魚沼市の自然に育まれた天然水が原材料として採水されるまで―――には、とても心惹かれるものを感じてしまいますね!さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について30」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。「飲食」を介すとまったく正反対に見えるふたりの女性だが、しかし大きな共通点も存在する。それはふたりが「既婚者」だということ―――。つまり、詩史と喜美子は物語がはじまるよりも以前にひとりの男性の伴侶となり、「家庭」という居場所があるのだ。(ちなみに喜美子の夫は作中ほとんど登場しないが、詩史の夫、”浅野”は何度か透と会話を交わしている。透は浅野と詩史との秘密めいたやりとりを目撃し、”夫婦”という関係性の親しさを垣間見る。)透と耕二がどんなに傷つき、どんなに嘆いたとしても、詩史と喜美子が「妻」である自分を捨て去ることは絶対にあり得ないだろう。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.06.29 Wednesday
        • -
        • 20:11
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク