<< insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 31 | main | insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングスから考える「飲食」の表現について (終)

    0
      さてさて・・・・いきなりですが、今回で「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について」というテーマもラストです。予想以上に長くなってしまいました(笑)それでも、我々にとって栄養補給が第一の目的である「飲む」「食べる」動作がどのように心に影響を与えているのか・・・・この疑問を物語のなかから探っていく作業には非常に興味ぶかいものがありました。また「insouホールディングス株式会社」を参考に、新しいテーマを考えていきたいですね!ここでは日本の繊細な魅力を活かしたものづくりをしているのでそこに関わることを書いてみても良いですし、世界中で問題視されているエネルギー資源と水の関係性について考えてみるのも、もっと食と心理を掘り下げてみるのもおもしろい。そうそう、まとめでお話ししたいのは「食と心理」です。物語に登場する「飲食」は現実との結びつきを強め、読者の想像力を刺激する装置として働きかけます。さらに「飲食」は作中登場する人物たちの輪郭を明確にし、それぞれの行動の原理や深層心理、人間性など、描かれていない部分にまで想像の触手を広げることが可能となる。特にその特徴が江國香織の描く作品には顕著にあらわれており、「飲食」と心理の関係について考えるのに非常に参考になった。今後はまた異なる作家やその他の種類の書籍から、「飲む」「食べる」という日常的な動作がもたらす心理的傾向について探りたいと思う。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.06.29 Wednesday
        • -
        • 21:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク