<< insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 | main | insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 3 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 2

    0
      皆さま、どうも、こんにちは。このブログでは先日より「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響」というテーマを掲げ、我々が普段何気なく行っている「飲む」「食べる」ことがどのように心に作用しているかについて読者の方々と共有する目的により定期的に記事の更新をしております。以上の課題についてはinsouホールディングスの存在を知ってから更に明確に意識するようになりましたが、これからもあらゆる角度から「飲食」の新たな価値を探っていきたいですね・・・・。さてさて、それでは以下より前回のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ(^^)早希は呪力を自身で行使するための通過儀礼を無事に終えると、自宅で両親の抱擁と好物ばかりの手料理に迎えられます。ここで登場するいくつかの料理が個人的にとてもおもしろい!これらは果たして作者である貴志祐介のどのような思考により誕生したのか・・・・自分なりに探ってみたいと思います。まずは「内側から火であぶった山芋の団子」。この料理名を目にした時、すぐさま「茨城県の郷土料理を調べたら良いかもしれない」との考えが閃きました。その理由は、『新世界より』は現代の茨城県神栖町を舞台にしているからです。神栖町は作中「神栖66町」と呼ばれ、周囲にはしめ縄が張り巡らされており、大人たちは子供に「ここより外へは決して出てはならない」とまるで催眠をかけるかのごとくきつく言いつける。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.06.29 Wednesday
        • -
        • 20:40
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク