<< insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 2 | main | insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 4 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 3

    0
      皆さま、どうも、こんにちは。このブログでは『新世界より』というファンタジー作品を参考にしながら、「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響」をメインテーマに、我々が普段何気なく行っている「飲む」「食べる」ということの新たな側面を見出す目的て定期的に記事の更新をしています。また上記した「insouホールディングス株式会社」では新鮮な原材料を用いた3種類の飲料を販売しているのですが、オリジナリティあふれる事業がどのように精神にプラスに働きかけるのかも今後探求していきたいですね!・・・・さてさて、それでは以下より前回のつづきとなりますので、最後までお楽しみいただければ幸いです。『新世界より』の舞台となっている茨城県の郷土料理を調べてみると、いくつか当てはまるものがありましたが、それ以前にここは山芋の名産地という事実が判明。ちなみに何故山芋と郷土料理をすぐに結びつけたのかというと、どの国でも、そしてどの地域でも、衣食住が困窮した時に必ず活躍するのが「芋」だからです。芋はたとえ不毛の地とされる山岳地帯でさえも育つため、昔から人々に親しまれ、緊急の際は毎日のように食卓にあがったことでしょう。つまり、「昔ながらの”芋料理”」は、どこでも必ず存在するということ。それでは話しを戻しまして、「山芋を内側から火であぶった団子」の特徴に近い郷土料理をひとつ発見したのでご紹介します。それは「山芋の磯辺焼き」です。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.06.29 Wednesday
        • -
        • 20:54
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク