<< insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 3 | main | insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 5 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 4

    0
      皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)このブログでは「insouホールディングス株式会社」という企業を参考に、「飲食」の新たな価値を探ることをメインに定期的に記事の更新を行っています。・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響3」のつづきとなりますので、最後までお楽しみいただければ幸いです。さすがに山芋は茨城県内の特産品であるため材料として用いられる郷土料理はいくつもあったが、個人的には「山芋の磯辺焼き」が「山芋を内側から火であぶった団子」に一番近いのではないかと思います。まず「磯辺焼き」の調理法自体が海苔と醤油で焼くことから「団子」とは異なるものの、作中の料理には味や色味などの描写がなされていないことから、醤油味の団子であっても全く不思議はないのではないでしょうか?もしかすると、山芋と海苔を合わせた醤油味のお焼きだった可能性もあるし、そうなれば子供の好物なのもなんとなく頷けます。「山芋の団子」の様子が想像できたところで、次は「タンパク質の組成を変えたヒラメの身」です。『新世界より』ではヒラメの身は調理や味付けがされているというより生のままで食卓に出ているように描写されていることから、お刺身だったのではと推測する。しかし、ヒラメは何かしらの調理を施さなければ寄生虫の不安があるためそのままでは食べられないはずです。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.06.29 Wednesday
        • -
        • 20:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク