<< insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 8 | main | insouホールディングス 話題の健康茶、ルイボスティーとは? >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 (まとめ)

    0
      人が食べ物をくちにする時、何かを飲み込む時、その目的が忙しい合間の栄養補給だったとしても、「味」は心に多少の影響を与えているはず・・・・その真相を知りたくて、このブログで「insouホールディングス株式会社」という企業についてフォーカスしています。人が「美味しい」と感じる時、果たして心はどのような動きを見せるのでしょうか?
      ・・・・さてさて、それでは本日は「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響」をまとめていきますので、最後までおつき合いいただければ幸いです(*^_^*)
      今回、『新世界より』の主人公である渡辺早希の子供時代の好物にフォーカスしていきましたが、科学的な用語や独自の生物などなど、普段我々が取り囲んでいる食卓とは全く異なる様子を想像させる記述にはとても興味深いものを感じました。この物語はファンタジーであり、「呪力」という一見超能力のようでいて人間の「心のあり様」に密接に関係している力が登場人物たちのそれぞれの飲食など生活にも大きな影響を及ぼしている様子が描かれています。それは読者側から見れば奇妙な光景かもしれませんが、神栖66町の舞台が現在の茨城県神栖町だったり、茨城県の特産品が登場したりと、しっかりと現実との折り合いも付けられていて、そのアンバランスさが読み手の想像力をかきたてるのではないでしょうか?
      もしかすると、「ファンタジー」というジャンルは、独自の舞台設定やひとつひとつのシーンを読み解くことで、より「飲食=文化」と密接に繋がれるよう構成されているのかもしれません。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.06.29 Wednesday
        • -
        • 18:18
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク