スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 7

    0
      「飲む」、「食べる」という行為は我々にとってとてつもなく日常的であり、しかしだからこそ心理的にはどのような影響を及ぼしているのか・・・・「美味しい」と感じる時、人の心はどう反応をするのか・・・・?以上の疑問について、皆さまと共有しつつ「insouホールディングス株式会社」という企業を参考にしながら今後も考えていくつもりです。さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響6」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ(*^_^*)
      『新世界より』に架空の生物として登場する「トラバサミ」は肉食であり、獲物の種類はほとんどより好みをしないそうです。そのためしばしば同種で共食いが行われることもありますが、不思議と人間を襲うことはないとか。甲羅の幅は45〜120cm。生息地域は海岸で、獲物を求めて草原や山の中腹にその姿を見せることも。砂の中に身体を回転させながら潜り込み、獲物がそばを通りかかると2m以上跳躍して襲いかかります。
      また、トラバサミと同名の罠が現実に存在するという事実を発見したのですが、『新世界より』のトラバサミといくつかの類似点があったので、以下でご紹介していこうかと!ちなみに罠の方のトラバサミは漢字では「虎挟み」と書くそうです。こちらは狩猟用に用いられますが、非常に残忍な方法のため現在では使用自体が禁止されています。
      具体的な内容についてはまた次回・・・・。

      insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 6

      0
        皆さま、どうも、こんにちは(^^)・・・・さてさて、今回は『新世界より』に登場する架空の生物「トラバサミ」に触れていくつもりですが、その前に少しだけ「insouホールディングス株式会社」についてお話したいと思います。insouホールディングスでは新鮮な材料を使用して3種類の飲料を手掛けるなど、「飲食」に対して独特の信念があるように個人的には捉えています。その最たるものがミネラルウォーター「涼音」ではないでしょうか?涼音がつくられるまでのプロセス―――原材料となる天然水が新潟県南魚沼市の自然に育まれて採水されるまで―――からは、「飲食」は人間の身体面のみではなく精神をも刺激するという新たな可能性を学ぶキッカケとなり、ここからこの企業が「心と身体」の繋がりを何よりも重要視しているのではと考えるようになったのです。―――さてさて、それでは以下より前回のつづきとなりますので、最後までおたのしみいただければこちらも幸いです。『新世界より』に登場する「トラバサミ」という生物は作者のオリジナルですが、祖先が渡り蟹のガザミだという事以外にも詳細な情報が記されており、まるで生物図鑑を眺めているような気分を味わえます。この情報の1部を以下でご紹介してみましょう!まず、上記したようにトラバサミの祖先は元々は海に生息していましたが、1,000年後の日本では陸地にてその姿を確認できるそうです。(つづきはまた次回・・・・。)

        insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 5

        0
          皆さま、どうも、こんにちは(^^)このブログでは「飲食がもたらす心理的影響」をメインテーマに、「insouホールディングス株式会社」という企業で実施されているオリジナリティ溢れる事業―――新鮮な原材料を使用した3種類の飲料の製造・販売―――を参考にしつつ、定期的に記事の更新をしております。さてさて、それでは以下より前回のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。『新世界より』に登場する人物らはすべて呪力が行使でき、またその力は生物の遺伝子をも変えることが可能であるため、発達した科学技術が無くともヒラメのタンパク質自体に影響を及ぼすことくらい簡単なのかもしれません。それでは次は「コロイドに旨味成分を凝縮したトラバサミのスープ」です。ここには「コロイド」「トラバサミ」というふたつの気になるキーワードがありますが、まずはコロイドに触れてみましょう。コロイドとは、「一方が微小な液滴あるいは微粒子を形成し、他方に分散した二組の相から構成された物質状態」のこと。具体的に例をあげるならば、牛乳に浮かぶ脂肪分や海に浮かぶ泡、バター、霧、インクなどでしょうか・・・・。つまり、「トラバサミの旨味や脂肪がスープに溶け出してコロイド状になった」のではと想像します。この「トラバサミ」は『新世界より』オリジナルの生物ですが、詳しくは次回insouホールディングスを参考にしながら引き続き記事を更新するつもりです。

          insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 4

          0
            皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)このブログでは「insouホールディングス株式会社」という企業を参考に、「飲食」の新たな価値を探ることをメインに定期的に記事の更新を行っています。・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響3」のつづきとなりますので、最後までお楽しみいただければ幸いです。さすがに山芋は茨城県内の特産品であるため材料として用いられる郷土料理はいくつもあったが、個人的には「山芋の磯辺焼き」が「山芋を内側から火であぶった団子」に一番近いのではないかと思います。まず「磯辺焼き」の調理法自体が海苔と醤油で焼くことから「団子」とは異なるものの、作中の料理には味や色味などの描写がなされていないことから、醤油味の団子であっても全く不思議はないのではないでしょうか?もしかすると、山芋と海苔を合わせた醤油味のお焼きだった可能性もあるし、そうなれば子供の好物なのもなんとなく頷けます。「山芋の団子」の様子が想像できたところで、次は「タンパク質の組成を変えたヒラメの身」です。『新世界より』ではヒラメの身は調理や味付けがされているというより生のままで食卓に出ているように描写されていることから、お刺身だったのではと推測する。しかし、ヒラメは何かしらの調理を施さなければ寄生虫の不安があるためそのままでは食べられないはずです。

            insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 3

            0
              皆さま、どうも、こんにちは。このブログでは『新世界より』というファンタジー作品を参考にしながら、「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響」をメインテーマに、我々が普段何気なく行っている「飲む」「食べる」ということの新たな側面を見出す目的て定期的に記事の更新をしています。また上記した「insouホールディングス株式会社」では新鮮な原材料を用いた3種類の飲料を販売しているのですが、オリジナリティあふれる事業がどのように精神にプラスに働きかけるのかも今後探求していきたいですね!・・・・さてさて、それでは以下より前回のつづきとなりますので、最後までお楽しみいただければ幸いです。『新世界より』の舞台となっている茨城県の郷土料理を調べてみると、いくつか当てはまるものがありましたが、それ以前にここは山芋の名産地という事実が判明。ちなみに何故山芋と郷土料理をすぐに結びつけたのかというと、どの国でも、そしてどの地域でも、衣食住が困窮した時に必ず活躍するのが「芋」だからです。芋はたとえ不毛の地とされる山岳地帯でさえも育つため、昔から人々に親しまれ、緊急の際は毎日のように食卓にあがったことでしょう。つまり、「昔ながらの”芋料理”」は、どこでも必ず存在するということ。それでは話しを戻しまして、「山芋を内側から火であぶった団子」の特徴に近い郷土料理をひとつ発見したのでご紹介します。それは「山芋の磯辺焼き」です。

              insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響 2

              0
                皆さま、どうも、こんにちは。このブログでは先日より「insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響」というテーマを掲げ、我々が普段何気なく行っている「飲む」「食べる」ことがどのように心に作用しているかについて読者の方々と共有する目的により定期的に記事の更新をしております。以上の課題についてはinsouホールディングスの存在を知ってから更に明確に意識するようになりましたが、これからもあらゆる角度から「飲食」の新たな価値を探っていきたいですね・・・・。さてさて、それでは以下より前回のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ(^^)早希は呪力を自身で行使するための通過儀礼を無事に終えると、自宅で両親の抱擁と好物ばかりの手料理に迎えられます。ここで登場するいくつかの料理が個人的にとてもおもしろい!これらは果たして作者である貴志祐介のどのような思考により誕生したのか・・・・自分なりに探ってみたいと思います。まずは「内側から火であぶった山芋の団子」。この料理名を目にした時、すぐさま「茨城県の郷土料理を調べたら良いかもしれない」との考えが閃きました。その理由は、『新世界より』は現代の茨城県神栖町を舞台にしているからです。神栖町は作中「神栖66町」と呼ばれ、周囲にはしめ縄が張り巡らされており、大人たちは子供に「ここより外へは決して出てはならない」とまるで催眠をかけるかのごとくきつく言いつける。

                insouホールディングス 飲食がもたらす心理的影響

                0
                  皆さま、どうも、こんにちは(^^)このブログでは「insouホールディングス株式会社」という企業で行われている繊細なものづくりから発想を得て、自分なりに日常的な「飲食」の価値について改めて問い直す目的で定期的に記事の更新をしております。insouホールディングスでは良質な原材料を使用した滋味豊かな飲料を扱っていますが、これらがつくられるまでに関わる自然のプロセスや日本独特の自然のあり方を想像してみると、「くちに入れるものは全て身体的な栄養摂取という面のみではなく、精神的にも何かしらの影響を与えているのではないか」と考えるようになったのです・・・・。さて、今後も上記したように「”飲食”がもたらす心理的影響」をもうすこし掘り下げていくつもりですが、自分は今現在『新世界より』(貴志祐介著)というファンタジー巨編に夢中になっています。そこで、今回からはこの作品に登場する食事にフォーカスしていこうかと。その前に『新世界より』について説明をすると、舞台は1000年後の日本、現代の茨城県神栖町に位置する「神栖66町」で暮らす人々は、外の世界と完全にシャットダウンされた状態にほとんど疑問を持たず、「呪力」という一種の超能力を自ら駆使して生活を営んでいます。この物語は主人公である渡辺早季が過去を回想することで物事が進んでいく手記のようなかたちとなっています。ピックアップするのは早希が思春期を迎え呪力が発動する年齢となったことでマントラ(呪力を発動するための自己暗示のようなもの。また”呪力は自らの才能とは無関係で神から授かりしものだ”と教え込むためでもある。)を受け取ったその晩の夕飯です。

                  insouホールディングスから考える「飲食」の表現について (終)

                  0
                    さてさて・・・・いきなりですが、今回で「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について」というテーマもラストです。予想以上に長くなってしまいました(笑)それでも、我々にとって栄養補給が第一の目的である「飲む」「食べる」動作がどのように心に影響を与えているのか・・・・この疑問を物語のなかから探っていく作業には非常に興味ぶかいものがありました。また「insouホールディングス株式会社」を参考に、新しいテーマを考えていきたいですね!ここでは日本の繊細な魅力を活かしたものづくりをしているのでそこに関わることを書いてみても良いですし、世界中で問題視されているエネルギー資源と水の関係性について考えてみるのも、もっと食と心理を掘り下げてみるのもおもしろい。そうそう、まとめでお話ししたいのは「食と心理」です。物語に登場する「飲食」は現実との結びつきを強め、読者の想像力を刺激する装置として働きかけます。さらに「飲食」は作中登場する人物たちの輪郭を明確にし、それぞれの行動の原理や深層心理、人間性など、描かれていない部分にまで想像の触手を広げることが可能となる。特にその特徴が江國香織の描く作品には顕著にあらわれており、「飲食」と心理の関係について考えるのに非常に参考になった。今後はまた異なる作家やその他の種類の書籍から、「飲む」「食べる」という日常的な動作がもたらす心理的傾向について探りたいと思う。

                    insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 31

                    0
                      皆さま、どうも、こんにちは(^^)普段からこのブログの管理人をしている自分は日々あたり前のように関わっている「飲食」の価値について改めて向きあってみる目的があり、気になる情報をリサーチしてそこから個人的に考えた内容をコツコツと記事にまとめつつ更新をしています。特に「insouホールディングス株式会社」という企業のオリジナリティあふれる事業を参考にしていまして、ここでメインに扱われている飲料のひとつ、ミネラルウォーター「涼音」がつくられるまでのプロセス―――新潟県南魚沼市の自然に育まれた天然水が原材料として採水されるまで―――には、とても心惹かれるものを感じてしまいますね!さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について30」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。「飲食」を介すとまったく正反対に見えるふたりの女性だが、しかし大きな共通点も存在する。それはふたりが「既婚者」だということ―――。つまり、詩史と喜美子は物語がはじまるよりも以前にひとりの男性の伴侶となり、「家庭」という居場所があるのだ。(ちなみに喜美子の夫は作中ほとんど登場しないが、詩史の夫、”浅野”は何度か透と会話を交わしている。透は浅野と詩史との秘密めいたやりとりを目撃し、”夫婦”という関係性の親しさを垣間見る。)透と耕二がどんなに傷つき、どんなに嘆いたとしても、詩史と喜美子が「妻」である自分を捨て去ることは絶対にあり得ないだろう。

                      insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 30

                      0
                        皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)普段からこのブログの管理人をしている自分は以前「insouホールディングス株式会社」という企業の存在を知ったことをキッカケに我々の日常にとって当たり前の行為である「飲食」の価値について改めて問い直すようになりました。さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について29」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただけたら幸いです―――。詩史の少女めいた自己保身は、そのまま「妻としての立場」を重要視している様子に顕著にあらわれているような気がする。しかし、「妻としての立場」といえば最も分かりやすいのは喜美子だろう。喜美子は「妻である自分」よりどちらかといえば「家庭での居場所」を重んじているように思う。その証拠に、耕二と喜美子は作中ほとんど外食をしない。「今日は夫が出張で夜は家にひとりだ」という喜美子の言葉を聞き、何気なく耕二が食事に誘うシーンはあるが、しかし見事に断られている。それも「夜はできるだけ家にいたい」「夫から電話があるかもしれないから」という理由で―――。そんな喜美子は自身を「私は良い妻だ」と言う。夫に献身的で姑とも仲が良く、習い事という外の世界と繋がる趣味と耕二との関係性を手に入れて、「良い妻」でありたいからこそ、耕二には自身の事情を敏感に察し、しかし邪魔をすることなく心を満たして欲しいと・・・・。

                        calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        archives
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM