スポンサーサイト

0
    • 2016.06.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 29

    0
      皆さま、どうも、こんにちは!今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。普段から管理人をしている自分は現在「飲食」に関して非常に興味があり、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えた内容を記事にまとめて定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な原材料にこだわった3種類の飲料(ミネラルウォーター、緑茶、ウーロン茶)を中心に扱うほか、「飲食」に特化した活動のサポートなど、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね。さてさて・・・・それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について28」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ(*^_^*)詩史から漂う独特な「余裕」は、彼女自身がそうなるよう意識的に行動していることが大きく関係しているのではないだろうか?これはあくまでも個人的な考えだが、詩史は自分を傷つけないものばかりを周囲に揃えているように思う。仕事にしても夫にしてもバーにしても、自分の人生に決して波風を立てず、けれど孤独にはしない、ペースをかき乱すほどの大きな影響をもたらさないものをあえて選んでいるような―――。少しだけ物語の内容をバラしてしまうと、作中、透は「詩史とふたりで生きる」ためにひとつの提案をしますが、それを否定するでもなく、ただ寂しそうに笑った詩史は、自身の少女めいた平穏な日々が終わりを告げたことを予感したのかもしれない。

      insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 28

      0
        以前良質な成分を使用した3種類の飲料をあつかう「insouホールディングス株式会社」という企業の存在を知ってからというもの、我々の日常にとってもはやあって当たり前の存在である「飲食」の価値について改めて問い直すようになりました。たとえば、↑の飲料のひとつ、ミネラルウォーター「涼音」がつくられるまでには様々な自然のプロセスが関わり、そこには日本独特の繊細なものづくりにおける魅力がギッシリ詰まっているように思うのです。(ちなみに”涼音”の原材料となる天然水は新潟県南魚沼市の自然に育まれたものを採水します。)こういったひとつひとつの特徴を丁寧にリサーチし、自分なりの考えを記事にまとめて定期的に更新をしていこうかと考えています。・・・・さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について27」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ(*^_^*)「不気味」という言葉は、透自身を語る・・・・いや、透の周囲の関係性を語るのにとても適しているのではないだろうか?その最たるものが詩史の存在だ。彼女は都心にひとつ自身の店を持ち、いっけん夫との交友関係にいつも忙しそうだが、しかし人生の舵取りがいつでもできるような「余裕」を既に手にしている。この余裕について、以前「詩史が経てきた年齢とは関係なく、彼女自身の性質によるものでは」との考えを述べましたが、だからこそ違和感がぬぐえないのではないでしょうか―――?

        insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 27

        0
          皆さま、どうも、こんにちは!今日もこのブログを見に来て下さいまして、本当にありがとうございます。普段から管理人をしている自分は現在「飲食」の価値を改めて問い直そうと、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えた内容を記事にまとめて定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な原材料を使用した3種類の飲料(ミネラルウォーター・緑茶・ウーロン茶)をメインに販売するほか、「飲食」に特化した活動のサポート等、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね!さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について26」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ(*^_^*)まず「ゼリー」とは、通常鮮やかな色味や香りがついているものだが、それがほとんどない、つまり無味無臭ということはなかなか想像しにくい。「味のないゼリー」とは、もしかすると氷などの透明で味のない液体が固体に変化した様子をあらわしているのかもしれないが、しかし作中では「ゼリー」と言い切っている。・・・・ということは、無味の、しかもゼリー独特のプルンとした弾力のある物体が「味のないゼリー」ということになるのかもしれない。そう考えると多少不気味さを感じてしまうが、この「不気味」という言葉が透自身を表現するのに最適なのではないだろうか?

          insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 26

          0
            皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」に関連する物事について非常に興味があり、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えた内容を記事にまとめ、それらを定期的に更新しています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な原材料を使用した3種類の飲料(ミネラルウォーター、緑茶、ウーロン茶)の販売を中心に、「飲食」に特化した活動のサポートなど、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね!さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について25」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ・・・・。前回は江國香織著『東京タワー』に登場する詩史の人間性をみてきたので、今回は透の人間性を「飲食」の観点から具体的にしていきたい。透にとって、詩史との出会いは予想外のものだったらしく、彼女の存在を自身の人生にくわえてしまったことを「味のないゼリー」と作中語っている。「味のないゼリーがじょじょに固まっていく」と。ゼリーというと、果物特有の色や味がお馴染みの、清涼感あふれる夏の定番だ。しかし、ここに「味がない」とつくという事は、一体どのような変化が生じるのだろうか?まず、透明感や清涼感があるというのは通常とは変わらないのかもしれない。

            insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 25

            0
              皆さま、どうも、こんにちは!今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」に関連したことについて非常に興味があり、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えを記事にまとめ定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な成分を使用した3種類の飲料(ミネラルウォーター、緑茶、ウーロン茶)をメインに扱うほか、「飲食」に特化した活動のサポートなど、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね。・・・・さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について24」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ(*^_^*)江國香織著『東京タワー』に登場する詩史が、冒頭「フラニー」というバーにてウォッカを飲みながら透をひとり待つシーンからは、明らかに社会の荒波にもまれてビール片手にストレス発散をする若者や、同世代の女性たちからは一線を画している。透によれば彼女は「つよい酒をすこしだけ飲むのが好き」だそうだが、それにはひとりで過ごす自由な時間と場所が必要不可欠だろう。「なんでも持っている」詩史にとっては、時間のやり繰りくらいはきっと朝飯前なのかもしれない―――。それでは反対に、透の人間性はいったいどのようなものなのだろうか?

              insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 24

              0
                皆さま、どうも、こんにちは!今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」にまつわる物事について非常に関心がありまして、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えた内容を記事にまとめ定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な成分の使用にこだわった3種類の飲料をメインに販売していまして、特にその中のひとつ、ミネラルウォーター「涼音」がつくられるまでのプロセス―――新潟県南魚沼市の自然に育まれた天然水が原材料として採水されるまで―――には、つい心惹かれるものを感じてしまいますね!さてさて・・・・それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について23」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。江國香織著『東京タワー』の主人公で大学生の透が母親の紹介で出会ったのは、40代と自分よりも年上の女性。透は詩史のもつ不思議な雰囲気に囚われ、自身の人生を「味のないゼリーがじょじょに固まっていく」と表現している。そんな透とは対照的に、「余裕」という言葉がピッタリとくる詩史。彼女の気に入りなのだろうか、作中にたびたび登場する「フラニー」というバーで、詩史はウォッカを飲みながら恋人が来るのを待っている・・・・というのが冒頭のシーン。透からすれば詩史は「つよい酒をすこしだけ飲むのが好き」だそうだが、それはつまりそのための時間が確保出来ることのあらわれではないだろうか?

                insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 23

                0
                  皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)本日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」にまつわる物事について非常に関心がありまして、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えを記事にまとめ、定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な原材料の使用にこだわった3種類の飲料(ミネラルウォーター、緑茶、ウーロン茶)の販売を中心に、「飲食」に特化した活動のサポート等、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね!―――さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について22」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。今回とり上げる江國香織著『東京タワー』(新潮社)は以前映画化もされ大ヒットしたため、原作もともに知っているという方は多いかもしれない。ちなみに映画版はハッピーエンドで終了したが、原作はどちらともつかないストーリーになっているため、これぞ「江國ワールド」と言わざるを得ない・・・・(笑)では『東京タワー』の「飲食」に話しを戻すが、まず、作中には4人の男女が登場する。主にストーリーの中核を担うのが透と詩史との関係性だ。透は現在大学生で、高校生のときから母親の紹介で知りあった詩史とつき合っている。

                  insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 22

                  0
                    皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」にまつわる物事について非常に関心がありまして、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えをまとめ定期的に記事の更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な成分の使用にこだわった3種類の飲料(ミネラルウォーター・緑茶・ウーロン茶)を中心に販売する他、「飲食」に特化した活動のサポートなど、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね!―――さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について21」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。著者の頭のなかをとおして構成された「文章表現」のなかに我々にとって最も日常に近い「飲食」がツールとして追加された場合、そこでは「想像」と「現実」という対極なもの同士の「移動」が可能となる。移動手段を獲得した読み手は作品を「自由」に感じることができるようになり、それがさらに「飲食」の部分を印象的にうつしてくれるのではないだろうか・・・・?では、この「自由」の特徴とはどのようなものだろう?次回以降具体的にしていくつもりだ。まずはここで再び江國香織の著書に立ち戻りたい。とり上げる作品のタイトルは『東京タワー』。

                    insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 21

                    0
                      皆さま、どうも、こんにちは(^^)今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」にまつわる事柄について非常に興味がありまして、気になることをコツコツとリサーチしては考えを記事にまとめ定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。insouホールディングスでは良質な成分を使用した3種類の飲料(ミネラルウォーター・緑茶・ウーロン茶)をメインに、「飲食」に特化した活動のサポート等、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね!さてさて―――それでは、以下より前回の「”飲食”の表現について20」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。今回とり上げた白洲正子著『鶴川日記』も、吉村葉子著『お金がなくても〜』も、どちらもテーマとしは非常に現実的なところで一致している。だが、あらためて考えてみると、このどちらも著者の頭のなかを1度通過してつくられた「文章表現」である。つまり、100%リアリティのある代物ではない。そんななか、『鶴川日記』23ページの自給自足や、『お金がなくても〜』22ページのオムライスのレシピが印象的に感じるのはどうしてだろうか・・・・?それは著者の想像、あるいは創造により生みだされた文章表現において唯一「現実に近い存在」だからではないか?

                      insouホールディングスから考える「飲食」の表現について 20

                      0
                        皆さま、どうも、こんにちは!このブログの管理人である自分は日常的な行為である「飲食」の価値について改めていま1度問い直すべく、現在気になる情報をコツコツとリサーチしては考えを記事にまとめ定期的に更新をしています。そこで偶然その存在を知り、参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」。ここでは良質な原材料の使用にこだわった3種類の飲料を中心に販売していまして、その中でもとくにミネラルウォーター「涼音」がつくられるまでの自然のプロセス―――元となる天然水が新潟県南魚沼市で育まれ、採水されるまで―――には、非常に心惹かれるものを感じてしまいますね!さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスから考える”飲食”の表現について19」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ(*^_^*)今回とり上げた白洲正子著『鶴川日記』23ページは「自給自足」、吉村葉子著『お金がなくても〜』22ページは「コンビニ」と、いっけんすると内容は異なるようだが、本質的なテーマは共通している。それは「心身の健康」だ。『鶴川日記」は「日々食すものを自分でつくることの根源的な喜び」だし、いっぽう『お金がなくても〜』は「人間は便利なものが存在しない世の中でも創意工夫により課題を解決できる」ということを物語っているのではないだろうか?つまり、これらがつくられた目的は非常に現実味がつよいのかもしれない。

                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << August 2018 >>
                        PR
                        selected entries
                        archives
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM